香水推薦文

楽天市場のショップページへジャンプします。
エリザベスアーデン スパイスドグリーンティー EDP 50ml 【香水】 スパイスドグリーンティー(50ml)
スパイスドグリーンティー/エリザベスアーデン(2003年9月購入)
 さわやか系香水セレクションです。ヒットした「グリーンティー」のシリーズで、これのほかに「アイスドグリーンティー」というものもありますが、私はそれらを試してはいません。はじめての「グリーンティー」シリーズでこれの香りからいってますので感想文としてはいささか偏ってるかもしれないです。
 感じたことはこんなこと。  まったく意味不明かと思いますが、つまり私が感じたこと、それそのものが「スパイス」「グリーン」だったんです。香りは文字通りってことですが、これがお茶の香り、というのは言われないとわかんないんじゃないかな、って思ったんです。つけた瞬間から、スパイシーですがさわやかで、ウッディな印象もあります。だから「グリーン」で止めてみたんですが。
 この香りは、ジンジャーによるものでしょうか、こいつがかなり個性的です。ペッパー系ではなく、ジンジャーを「グリーン」と融合させるとこういう香りなんだな、ということを感じました。トップはかなりスパイスの香りが立ちますが、あまり持続はせず、ミドルはおおむねさわやか&ちょっぴりスパイシーという、知的な印象。オフィスにもOKです。グリーンティーはもっとクセがないんだと思いますが、このスパイスドはちょっと記憶に残る香り。真夏というよりちょっと涼しい季節につけたい香りです。そうですねえ、イメージとしては、カゼひいたときに、お湯にいろいろ和のハーブを入れてくず湯とかを作るときの材料が入っていて、それが香る、みたいなかんじです。香りそのものは「健康になれそう」とか「あったまりそう」な香り。けど、つけてる本人はけっこう涼しかったりちりちりしてる気分にもなります。クールとは違うんですが、気化熱かな?でも体にはよさそうな香りです。落ち着いた、温かみのある香りなので、ほっとします。「グリーンティー」シリーズなのでついつい緑茶を想像しがちですが、これに関してはそういう印象とは違うものがあります。紅茶、と表現している人もいるけれど、たしかに緑茶というよりは紅茶に近いです。
 さきほど「カゼひいたときに」と表現しましたが、おそらくは甘さも若干あるのではないかな。くず湯も甘くしないとピリピリしちゃうじゃないですか。けっこうジンジャーがきつく香り立つので、そのあたりをうまくマイルドにする工夫がされているように感じます。スパイシーなのはトップこそで、ミドル移行はむしろグリーンノート・パウダリーです。ちょっとグリーン系に抵抗がある人にもなじみやすそうです。やっぱりちょっと食べ物の香りだからかな、嫌味はないと思いますよ。(2003/9/24)


インデックスに戻る