香水推薦文

楽天市場のショップページへジャンプします。
センセーション 40mlEDT SP センセーション(40ml)
センセーション/ジル・サンダー(2003年9月購入)
 ジル・サンダーのフレグランスはどちらかというと「ガキが使うんじゃねぇ」的なイメージもあり、比較的お値段もショップによってまちまちだったりします。そんな中、私が心をつかまれ、むりやり探し出して購入したのがこの”センセーション”名前もさることながら、レビューにあった、「ミルクの香り」という言葉に心ひかれたわけです。
 イメージは……  香りの調和がとれていて、派手でもなく地味でもありません。ありふれているわけでもないし嫌悪感もない、そんな感じで、完成度の高いフレグランスだと思います。ビジネスシーンには向きませんが、この「ミルクの甘さ」というのは、ミドル以降を支配する香りとなっており、この香りの好き嫌いではっきりと分かれるところじゃないかと思われます。私はこの香り、イッパツですごく気に入りました。とても大好きな香りです。単に「お菓子系」といっても、なかなか子供っぽくなってしまったりきつすぎたりと、きつめの印象を与えてしまいがちですが、センセーションについては、それをいろいろなウッディノートやほのかなフローラルで包んでいるかのようで、ほんのりと甘い香りになっています。賛否両論でしょうけど、私はこの香りは、上品に使えばすごく良いと思います。でも、実際なよなよしたお嬢さまに似合うのかというとそうでもない気もします。なぜかと言うと、ただ甘いのではなくほかのウッディな香りがあるために印象が単純ではないから。特別派手ではないけど、やっぱり強いイメージの女性がつけているほうが効果的かなーとも思うんです。むしろフェミニンだと、「ありがち〜」って思うから。

 と、まあミルクに重点をおいて書いてますけど、このフレグランスはスプレーした瞬間はすっごくさわやかな香りです。およそミルクなんて、ってぐらい。そのトップノートもすごく気持ちいいんです。ほどなく、さきほど書いたミルクやウッディ、フローラルが顔を出して香ります。私はどっちの香りも大好きです。
 この深みのある香りは、あまり若年層には手を出してほしくないという感じがします。ファッション的にもキュートやカジュアルシーンではなく、どちらかと言えばシックでシャープな印象と合わせたほうが効果絶大かなと思います。キレイなおねえさんの香り、とでも言いましょうか。この香りをつけていても「背伸びしてるなあ(笑)」と思われない年齢はおそらく20代以降かな。私のイメージじゃ20代後半って感じだけど。ま、見たかんじ老けてりゃ前半でも似合う子いそうだけど(笑)。
 じつはこの香り、先日「だめだった」と評した「イ ディスティラッティ ゴールド」とけっこう近い路線です。なにが違うんだろう?って考えてたんですが、甘さとしてはけっこう近い。違うのは、おそらく含まれているほかの要素。「ゴールド」は、もっと草っぽい、苦い香りがあった。フローラルもなにかあったのかもしれないけど、かなりそのグリーンっぽい香りがきつかったんです。「センセーション」については、甘さもどちらかといえばゴールドほどではないけれど、どちらかと言うとすっきり系のフローラルかな?が多め。これだけあれこれ書いてるけど、つける人を案外選ばないタイプかもしれないです。このさまざまな表情のどこかひとつでも気に入っていれば。いろいろ混ぜることで、「ゴールド」は香りが濃くなっているけど、「センセーション」はどの香りがでしゃばることもないというふうに落ち着いている、そんな印象でしょうか。だから完成度が高い、と書いたのですが。

 私はもう一吹きしたその瞬間からこの香りの虜ですが(笑)、オトナの甘さとバランスのよさはどなたの評価も同じぐらいだと思います。ミルクの香りがイヤだという方はおやめください(汗)。それからウッディなんかもきいているのであまりナメて使うとやばそう。>私
 ラストはちょっとアニマルっぽい香りです。う〜ん、有り余る甘さじゃないけどそれがかえってセクシーに感じるんでしょうか。なにしろいろんな表情のある香りです。(2003/9/30)


インデックスに戻る